« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

130・131鞍

130鞍目

初めての障害クラス。そして初めてのガ~ちゃんとのレッスン。ガ~ちゃんは、障害専門のお馬さんです。広い馬場でまずはウオーミングアップ。手綱は少し高めに持ちます。ひじがちゃんと使えるようにしておきます。速足で巻き乗り中はかなり脚を使わないとスローダウンしそうな勢い。でも、駆足になると早くなってしまいます。そのスピードコントロールが難しい。手綱を引くと顔を上げてすごく嫌がります。手はとにかく柔らかく。。。ガ~ちゃんは、とっても敏感。バランスが少し変わるだけでもそれに応じて動きます。私の体の癖がそのまんま動きにでてしまうかんじで恐ろしかった!やっぱり私は右手前が苦手です。左脚が強すぎるので右駆足発進時、どんどん右によれていきます。先生に「左強すぎ!まっすぐまっすぐ」といわれますが、私はまっすぐいってるつもり。。。左脚を馬体から離すくらいにしないともどらない。結局出し方としての注意点は。。。左手綱を張っておく、少し睫毛が内に見えるくらいに顔を内に向けて右脚はちゃんといれておき外方少し引きます、そのとき力が入ると右に曲がってしまいます。難しい。スピードコントロールもとめるのも、方向転換もまずは座骨で!!手綱は一瞬だけそして、最後です。手の中が大切。柔らかくしてたら飛んだときも首の動きに合わせて柔軟に前に出せるとのこと。クロスバーを跳ぶ練習。ガ~チャンはなれているので信頼して飛んでいきます。前方騎座は軽く、着地したときに手綱を引っ張らないこと。。。難しい。手前を変えるにはトントンくらいの速足をはさんですぐにチェンジ。基本、体は起こして少し脚を前のほうへやっておくといいとのことでした。

なにがなんだかわからない間に終わっていたかんじ。ただ、やっぱり、広い馬場で駆け足しながら飛ぶのは気持ちいいなあ♪でも、ガ~ちゃんの敏感さにひたすら驚いたレッスンでした。そして自分の体のかたより、手のきつさを思い知らされました。

131鞍目

障害レッスン。外は荒れていたので内馬場で。お相手はまたまた初めてのクレヴァさん。彼女も障害専門です。気のきついお嬢さんです。まずは、挨拶代わりに噛む。身体を触ると蹴り上げる。。。洗い場でも前に馬が通るたびに威嚇。いらんことばっかりしてます。先生は、「まあこれも個性やと思って無視しといて~オヤジギャグには無視が一番の制裁やろ~(笑)」と。なるほど、うるさいのは無視しておきましょう。

彼女もやっぱりハミのきついのが慣れていないのか敏感ですごく気を使います。まずはウオ~ミングアップ。反動が高いので軽速足もちょっとしんどくて進みにくいですが、なんとか。。。彼女もまたバランスに敏感なのでちょっとした座骨の動きでキュっと曲がります。怖いくらい。ガ~ちゃんといい、クレヴァさんといい、限られた人しか乗らない馬はそれだけ敏感なのかなあと思いました。手の中、こぶしを柔らかく!というのは今日も言われました。やっぱりまだまだ荒っぽい。駆足はわりとすんなり出ます。そして軽い感じで続きます。馬場においた低い横木を飛ぶ練習。飛ぶまでは脚を使いつつ一定の早い目ペースを保ち身体は起こしたまま。飛ぶときこぶしはラクに、少し前へ前方騎座をとります。前方騎座??お尻が後ろにひけてしまってるとのこと、どういう姿勢をとっていいのかよくわかりません(汗)飛んだ後にクレヴァさんスピードアップ。彼女はヒートアップしやすいらしい。そのコントロールをできるようにねと先生。ええ~ッ!駆足のスピードコントロールなんてまだ、難しいけどそうはいってられないかんじ。

さあ、課題山積。でも、新しい馬との出会い、飛ぶという楽しさ、ワクワクしてます♪

| | コメント (3)

129鞍目

小さな馬場でのレッスン。スムーズな移行と巻き乗りの練習を中心に。

お相手はスペシャル君。金髪美男子のずるがしこい彼。久々です。前を行くホクト君がのんびりしてるのでスペシャル君がせっつく感じになってしまいましたが、ホクト君は気にする様子もなく超マイペース。スペシャルはすぐに顔をしたにグイグイ下げようとするのでひじでしっかりもっておくようにといわれます。下への移行のときが頭を突っ張ってなかなかスムーズに行かないのですが、先生に「広げた辞書を下に押さえつけるようなイメージで」といわれると不思議、簡単にスムーズに行きました。こぶしの中の指をぎゅっとするのではなく上腕の力を頼りにするほうがいいと。なるほど。あとは、まあまあうまいこといったかなあ??途中、一回巻き乗りのときに尻尾を上げてとまってましたが、先生に「ボロの真似をしてサボらない!」と怒られてました(笑)賢いんだか。。。

手入れが驚くほどいい子になってました。来てすぐのころはやっぱりストレスでイライラしてたのかな。顔を拭くと気持ちよさそうだし、とってもかわいかった。久々のスペシャルくん、ちょっと見直しちゃったなあ~かわいい☆

この日は職場の同僚2人を体験乗馬に誘ってみた。2人ともとっても気に入ってくれたので、4回乗馬教室コース申し込もうかなあと言ってくれてます!乗馬人口が増えるのがとってもウレシイ♪来年には私のママりんが65歳になるのでシニア会員になろうよ~と必死で誘っているところ。広がっていけばいいなあ。。。

| | コメント (0)

128鞍目

128鞍目

初めてのマヤちゃん。

サービス精神ゼロやから、しっかりね~と先生。先生の下乗り後すぐだったので、わりと動いてくれたけど、やっぱり重い。手綱だけでハンドルきろうとしても無理な子だからちゃんと足使って!と。後ろ足の運びもすぐにダラダラなるのでそのたびにトントンという足の使い方。ハミの感覚が嫌いなのかすごくカチカチしたりする。でも突っ張る感じはなくやわらかい。なかなか手と手の間に向かう感触というのが掴めない子だった。たぶん、勢いが足りてなかったと思う。適当に馬のほうに合わせられたかんじ。。。動いてはいたけど、不完全燃焼です。私の姿勢が少し前足に体重がかかるようだったらしく躓いたりしてました。駆け足のときは内方姿勢の準備もできていないので蹴ってしまったので注意をされました。発進が難しい。前進気勢も足りてなかった。先生の掛け声で出たような気がする・・・発進のときに座骨で押さえつけすぎ、こぎすぎ!とも注意を。。。う~ん、重い馬に乗ったときの悪い癖。駆足出しても遅いので「蹴って!」といわれました。もう足を馬体から離してドスンと!と。そんな風に先生が言ったのが初めてだったので不思議でした。ムチではなくあし。障害に行きたいって言ったからかな??まあ、足で蹴りを入れても行こうかしらという気配がなかったんですけど(苦笑)たぶん、ホクト君みたいに重いんだけど、力任せじゃなくって、とっても繊細に取り扱って良い姿勢でいないと動かない子なんだと思う。私ってまだまだ荒っぽいなあって感じました。がんばるぞ~

結構マヤちゃんはイラチで怒りん坊と聞いていたので、手入れのときも覚悟して臨みましたがおとなしくて拍子抜け。耳はずっとふせているけど別にかまないし、足は上げるけど蹴らない。アスランくんと似てるなあ~。栗毛に白い毛が点在して混ざってて、白いソックスをはいてるのでとてもきれいで見栄えがする彼。馬場の競技会でもかつてはバリバリ活躍していたそうな。今でもかな??マヤちゃんをきれいに乗りこなせたらかっこいいだろうなあ~。先生が乗っていたときのマヤちゃんはほんと、きれいな形と歩様だったもんな~

| | コメント (0)

障害へ

レッスン記録サボってるなあ~

とりあえず忘れないよう誰に乗ったかだけでも。。。

123鞍目・・・アスラン124鞍目・・・グ~ちゃん125鞍目・・・オリちゃん126鞍目・・・アスラン127鞍目・・・ホクト

久しぶりにホクトに乗って、その重たさを痛感したけど、やっぱり前よりはちゃんと動かせるようにはなっていて、うれしかった。

そしてそろそろ障害クラスに進みたい!と思ったので、検定を受けることにした。この検定もアスランで受けた。障害馬場に入った彼はやたらとハッスルしてしまい(笑)かつてないほどのスピードで駆足をしていた。。。巻き乗りを入れてなんとかスピードダウン。ああ~びっくりした。ツーポイントで横木を何度か通過したり、言われたとおりに図形を描いたりというテスト。結果は合格。晴れて障害レッスンを受けられることになりました~♪

飛んでいる瞬間の気持ちよさは味わってしまうと抜けられんよ~と先生もニッコリ。楽しみだなあ。。。でも落馬を覚悟しておかないと。

来週は職場の同僚が馬にのってみたいとのことで体験コースに連れて行く予定。はまってくれる人が一人でも増えてくれればと思います。

| | コメント (2)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »