153鞍目

153鞍目

今日はクレヴァさんとのレッスン。

やられてしまいました!!!馬着を脱がせようと胸前のホックをとろうとしてたら「ガブッ~」っと・・・。すごい厚着の上からなのにすでに真っ青な青タンができてます。明日あたり紫になってそう、ホント機嫌が悪いお嬢さんです。

レッスンはとてもいい子。今日は内馬場だったのでどの馬も落ち着いていてリラックスして乗れました。やっぱりまだ、勢いが足りないみたいで、もう少し馬を元気にさせないといけません。輪乗りの要領でキャバレッティ2本を10歩ずつで飛びます。クレヴァさんはどんな角度から入っても飛んでくれますが、やっぱりちゃんと元気よく出して、まっすぐ向けて飛ばないと。10歩で!と気にすると脚使いすぎたり、こいでしまうので先生が、もう歩数はきにしなくていいから普通に輪乗りして!といわれて少しラクになりました。そして、そのほうがうまく10歩になるんですよね~不思議と。やっぱり、力が入るとそれだけ馬の動きを邪魔してるんだなあと思いました。

| | コメント (5)

152鞍目

152鞍目

ああ~今日はグッタリです。

ガ~ちゃんとの障害レッスン。まず、頭絡つけられない!!なめられすぎです。これからちょっと、スパルタで行かないとヤバイ気がします。外は風が強い上にガ~ちゃん、馬装のときからイライラしてていつもと違うなあと感じていました。そしていつもと違う馬場での練習。案の定、レッスンが始まると首をブンブン、立ち上がるわ、跳ね上がるわ、完全にロデオ。「よく耐えましたね!」と先生にほめてもらえたのは収穫ですが(笑)、それから私の方がビビってしまって身体が硬いままでした。「いつやってやろうか」という気配満々のままでレッスンだったので、たびたびロデオに。落としたいんだろうなあとは思うんですけど、落ちてたまるか!!先生が乗り変わって調整してくれた後も。。。完全になめられてます(泣)

最後にいつもの馬場にはいると落ち着きを取り戻し、クロスバーを跳ぶ練習。なんだか、緊張状態が続いていたので何をどうしたのかよく覚えてません・・・まあ、ガ~ちゃんとて、仕事したくない日もあるよなあとあとから話していましたが、とりあえず、ここまで荒れた彼に乗ったことがなかったので、疲れました。

腰がイタイ・・・

| | コメント (3)

競技会デビュー☆

151鞍目の練習は、ウチのクラブの部長先生直々のご指導でした。厳しくも納得のレッスンだったけど、パートナーが初めてのワーちゃんだったので難しかったです。駆足がでない!とりあえず、出そうとして身体が後ろにいきすぎ、手綱がブランブランでハミがかちかちあたってるので出ないとのこと。バランスにうるさい繊細なお馬さんです。それでも、障害をいくつか飛びました。はじめて垂直障害も飛びました。次の日は競技会。。。

競技会といっても月例会みたいなもんですが当日は、とってもよい天気。馬場はどろどろですが、外馬場で決行です。まずは、高い障害の方たちから。メーター級の方たちはやっぱりスゴイ!!!迫力満点。クロスバー競技は最後です。走行経路は、ほかの競技と同じなのでずっと見てたら覚えられました。

この日、パートナーのガ~ちゃんは、朝からやる気なし男くん。朝、先生が下見の走行をしたときも障害に突っ込んで倒しまくりです。大丈夫かいな。。。

とりあえず、ガーちゃんは、どの競技にも出場してしてたのですが、ほかの子に比べ遅い遅い。まあ、早すぎるよりはいいなあと思ってたので少し安心。

いよいよ夕方に出番です。ガーちゃん、馬場に出たら飛ばされると思って立ち止まり拒否ってましたが、なだめすかしてなんとか連行。横の馬場で駆足練習、クロスバー練習をした後、いよいよ出場。敬礼をして右手前からの駆足発進。遅いけど出た!そのままそのまま。。。障害は全部で9個。第1障害の入りが遅く少し斜めになってしまったので第2障害避けられてしまいました。それですでに減点4!あ~あ、ジャンプオフは出られません。第2障害をやり直してからはものすごくゆっくりながらも全部クリア。どうやって飛んでたかはよく覚えてないですが、終わったあとに、ジワジワと興奮が!!めっちゃ緊張したけど、めっちゃ楽しかったです。やみつきになりそうです♪これまで最大4つしか飛んだことなかったですが、やっぱりたくさん飛べるのは嬉しいです。出るのを迷ってましたが、出てよかったなあ~。ますますはまりそうです。ただ、結果は3人中3位(笑)遅かったし、拒否られたのでまあ、仕方ない結果です。まあ、出ることに意義があるってことで。

早く高い障害を飛んでみたいなあと思った一日でした。

| | コメント (8)

150鞍目

ガーちゃんとの障害レッスン。

結果的にいうと、競技会が不安。。。こんな状態で出てもいいのか?!

練習は、まずクロスバー往復。

いつも飛ぶときに座るのが早くなりすぎるので、今日は腰を上げた状態を長くしておくことを試みました。かかとを下げて、飛ぶ前はじっとしておくこと、勢いが足りなくて一歩多くなってしまいました。

次に左手前でクロスバー入って右に回転して次のバーへ。

ガーちゃん右を見た瞬間に鋭角に切れ込み、斜めに入ることになってしまって。。

最後は上記プラス2連続バー。これを失敗。入り方がマッスグ行けず、勢いも足りなかったのでガーちゃん拒否。拒否したバーからやり直すということも分からなかったので、どうしてよいのかおろおろして迷子になってたら、ガーちゃんが「どれ飛びたいねん!」と、キレてしまい、逃げ出そうとして走りだし、私はバランスを崩し鐙が脱げました。それでも、「続けて!」と先生。もう必死。次もうまく入れなかったし、勢いがたりなかったけど、障害間、6歩といわれていたので、「飛ぶぞ!」と思ってたら、ちゃんとガーちゃんは飛んでくれました。そのときの感覚はなんだか以心伝心というか、私の思いをガーちゃんが汲んでくれたんかなあと思うかんじで嬉しかったです。

馬は優秀なのに私の技術が明らかに追いついてない現状。ガーちゃんになめられても仕方ないなあ。。。実は、未だ、一人でガーちゃんの頭絡つけられません(苦笑)

さて、今日のレッスンを総合しての注意点。

*コントロールするときひざでしようとしない!かかとは下げてヒザの力は抜いておく。

*次の障害を見つつも、身体はマッスグ!ガーちゃんは、少しのバランスの変化でもすぐ反応してしまうのでこれは要注意。

*障害に対してマッスグ真ん中に入れるような誘導を。

*勢いをつけておく。

障害をはじめて思うこと。ちゃんと飛ぶためには無意識的に駆け足誘導ができないといけないということ。途中で考えてしまうと動きに遅れるし、馬が混乱します。

まあ、慣れるしかないかな

| | コメント (2)

149鞍目

149鞍目

障害レッスンをガ~ちゃんと。

2月11日祝日に、部内の障害競技会があります。先生から、その「クロスバー競技に出てくださいねえ~」と突然のお達し!!!エエエ~!見に行こうとは思ってたけど、まさか自分が出るなんて。。。でもほかの会員さんも、「絶対でてみたほうがいい、ほんとおもいろいから」と勧められ競技会デビューです!

それに向けてなのか、いつもよりたくさん飛びます。

一回目

クロスバーをまず手前を変えて往復。ガ~ちゃんはやっぱり頼りになるなあ

2回目

右手前からクロスバー2連続を6歩で入ります。ガ~チャン7歩に。。。2つ目飛ぶとき左の鐙脱げました。飛ぶときに姿勢がついていけてないかんじ。

3回目

4つのクロスバーをコース取りしながら進むという練習。ペースはそのかんじでいいよといわれました。ただ最後の障害のときにやっぱり飛ぶかんじがつかめていないので今度は右足の鐙が。。。ちゃんとした姿勢を取れていないのと、鐙に体重をかけられてないというのがまるわかり。

こんなことでコース走行なんてできるのだろうかと大いに不安です。鐙が脱げても飛べるから!なんて周りは言うけど、実際脱げたらアワワワ!!だろうなあ。

あと2回練習はあるけど今からドキドキです~

| | コメント (4)

147鞍目148鞍目

147鞍目

障害レッスン、ポチ君と。

クロスバーのコンビーションを飛びます。とりあえず、バランスを後ろに持っていくこと、外方腕をしっかり持っておくこと、下への移行のとき先に身体を使うこと、この3点を意識しようと臨みました。前回よりはマシだったかなあ~という程度。難しい。。。

脚を使うときにどうしても後ろにひいてしまうなあ。あとはもっと鐙に体重をかけてかかとを下げるようにすること。

148鞍目

馬場レッスン、マディアと。マディさんは、競技会に出てる熟練のお馬さん。一回しかのったことがなかったので少しドキドキ。エンジンかかるまでが重かったですが、行き始めると気持ちよく動いてくれます。ただ、今日は身体が硬かったみたいで何度も注意されました。股関節をゆるませるための自転車こぎを入れてみると少しリラックス。後は背中張りすぎ!と。もっと力抜いてラクに乗っていってねとのことでした。う~ん。。。乗ってる間はずっと馬に自分がどうしたいかのメッセージを伝え続けることが馬への親切ですと先生が言ってました。なるほど~、馬との会話をもっと増やさないとなあ。。と思いました。

しかしまあ、今日はお馬さんが全体にバタバタ。合計5頭の落馬を目撃しました。冬場は怖いなあ

| | コメント (6)

146鞍目

146鞍目

障害レッスンをクレヴァさんと。

私の前に乗った会員さんが血がでるほど見事にかじられていたのでご機嫌を伺いつつおそるおそる近づきます(笑)美人だし、乗るといい子なんですけどねえ~

今日も外馬場が凍ってて使えず内馬場で。狭いので低いバーを輪乗りしながら飛ぶ練習。棒と棒の間を9歩でいけるように!と先生。9歩でいかなきゃと意識しすぎるあまりからだにも足にも力が入って、息があがるあがる!もう回れませんとヘロヘロに。。。しかも毎回歩数が違うくなってしまってます。もうガタガタ

クレヴァさん、あまりサクサクいかないので、行かそうと思って脚を使うのですが、どうも後ろrに引きすぎてしまってます。くるぶしからふくらはぎにかけては常に馬体に接しておくようにといわれるのですが脚を使おうとするとどうしても離れてしまう。脚の使い方が間違ってるのだと思います。

とりあえず、バランスを後ろに持っていくこと止まるときは身体から!ということは意識して乗りました。しばらくは姿勢の矯正です。

| | コメント (5)

144・145鞍目

144鞍目

障害レッスン、ガ~ちゃんと。この日は外馬場が凍ってたので内馬場でした。ラッキーなことにマンツーマン!!

フラットワークの練習でした。とりあえず、ちゃんと乗れないことには飛ぶことなんてできません。。。たくさんたくさん先生がアドバイスしてくれたんだけど、情報過多で今思い出せないかも。

ガ~ちゃんはホント敏感なのでちょっとした体重のかけ方で反応してくれます。でも、なかなかうまくいかない。自分の身体をコントロールできないことにイライラしました。いい並足を作っていくのがまず難しい。

推進のコツは体重をかかとの方に、自分が思うよりも後ろのほうに持っていくかんじで動くこと。ひざはラクに力をいれずに。ヒザに力が入るというのは人と馬のリズムが合ってない、人のほうが先先いこうとするから。下への移行のコツは上半身は上に伸ばし、下半身はヒザのほうに沈みこむように体重移動。手綱は軽くつまんでおくくらいの強さで十分。

駆足のとき、どうしても私が前かがみがちになったりヒザに力がはいるので馬の動きを妨げてるとのこと、動きを止めようとしてるのに脚を使ってるので馬は混乱しながら走ってるらしい。後ろに体重をかけつつも腰を送り送るときにかかとも降ろす。とにかく馬の邪魔をしなければ馬はラクにサクサク動ける。

馬が内にささりそうなときは外方ひじをしっかりさせて内方脚を下ろすかんじで使いつつブロックすると外にでていく。輪乗りで膨れるときは膨れるポイントに差し掛かる前にちゃんと内方を使って 押し出しておく。

いい推進を保つための脚やムチの使うタイミングが分からなかった。そのうちつかめるようになりますよと先生は言っていたけど。。。とりあえず、ハードなレッスンだったけどあんまり覚えてないのが残念!!

145鞍目

馬場レッスン、マヤちゃんと。ドロドロの外馬場で。

マヤちゃんはまだ2回目です。うまい人が乗ったらとってもきれいなんだけど、下手だとバカにされるかんじ。今日はバカにされてたなあ~駆足ではねたので落ちそうになりました。ドロドロに突っ込まなくてよかった~!

自分が思うよりもヒジをしっかり使わないといけないなあ~と今日も痛感。指の中は柔らかくなんだけど、コンタクトはしっかり。マヤちゃんはそれに加えてちゃんと脚で推進しないと動かない「サービス精神ゼロ」のお馬さん。かなり脚に力を込めていたので身体もリラックスできにくかったなあ~動いてきた後ろ足をちゃんとひじで受け止めないとハミで遊ぼうとしたり頭をグっと下げたりするので難しい。でもひじをちょっとでも引きすぎると止まってしまう。輪乗りのときもなかなかちゃんと内方姿勢がとれず苦労しました。内にささってしまうけどなかなか外に出せずに苦労したなあ。。。マヤちゃんに、どうやったらうまいこと乗れるのかまだよくわかりません。手強い相手です。

でも、今日は2鞍乗って2頭の手入れをしてかなり馬漬けの一日。雪のふる寒い日でしたが心はあったかです♪

| | コメント (0)

143鞍目

週末騎乗4鞍目。

久々の片目の見えないグ~ちゃんとの馬場レッスンです。今日は外が雪のため屋内馬場にてレッスン、狭いところに6頭がぞろぞろと。。。。

グ~ちゃんはサクサク進むし、反動がほとんどないのでとってもラク。いつも行かれすぎるので今日は「腕をしっかり、手の中柔らかく」を意識して乗りました。駆足もらく~にスムーズに乗れた気がします。なので、逆にあんまり記憶に残らないレッスンだったかも。グ~ちゃんは次のレッスンもあったので手入れもなし。あっさりとした4鞍目でした。

それにしても猛吹雪!寒かった~

| | コメント (4)

141・142鞍目

141鞍目

今週末はトータル4鞍騎乗。破産寸前だわ

本日1鞍目はガーちゃんとの障害レッスン。ガーちゃんは、何も模様のない美しい栗毛のハンサム君。普段はボ~っとしてて動き出すまではかなり牛っぽいけど。

ガーちゃんは、「俺に任せろ、つかまっとけや!」的な勢いで。。。とっても頼りがいがあるかんじ。ただし、先生からは「馬が勝手に飛んでますよ!ナミさんがコントロールしてください!」なんだ、そういうことか(笑)だって、行こうと思ったバーを見たとたん、急角度で切れ込みいいペースで飛ぶんです!「え?まだ曲がれって言ってないんですけど。。」とたじたじしてる間に終わってた。あれに向かって飛ばなきゃと思うとあまりいろいろ考えられないので自分がどうやって動かして飛んでたのかよく覚えてないなあ。

とりあえず、今日もレッスン自体はクロスバーを飛びました。前回、ここは心がけようと思ったところ、レッスンになるとすっかり忘れてしまってました。いやはや。。でも、ガーちゃんの方がチャタ君やポチよりも動かしやすい。軽い扶助で進むし、反動は小さいし。なので、身体もある程度安定するから、走られることもなく、落ちることもなく、一応バーは全部飛べました。それでまあよしとしよう。

注意点

*やっぱり足が後ろに引けてしまってる。鐙に体重のせてかかとおろす

*飛ぶとき下をみない、前を見て思い切って手も身体も前へ

*曲がるときにどうしても身体が曲がる。常に身体はまっすぐに

*方向指示はまず下半身で、手綱に頼り過ぎない

あとは慣れ!

142鞍目

愛しのアスランと馬場レッスン。

今日は何が難かしいかったかというと並足でダイヤモンドを描くというもの。なぜうまくいかなかったかというと、私の手綱の持ち方に原因が。。。「拳の中は軽く柔らかく、腕は肉が詰まってるかんじでひじ腕はしっかり!」といわれ腕を閉めしっかり持つとアラ不思議、フラフラしてたアスランがシャンとなりました。ああ~これかあと少しわかったかんじ。そして腰でこがずに、脚をトントンと使うこと!ついつい漕いでしまう。。。

並足でダイヤモンドの後は、輪乗りを閉じる開くをしました。輪乗りをするときはダイヤモンドをするつもりででも輪乗りを開くかんじで。。常に内方姿勢ということなのかな?外側は壁、外方はまっすぐにしておくこと。あとは、おしりで後ろ足を感じるように、弾んできた後ろ足の力をひじ・腕で受け止めて拳は柔らかく。。。あと私は背中を張りすぎ、もう少し丸めてもいいとのこと。

腕はしっかり、拳は柔らかくというかんじ、前よりはつかめたかな~でも、それをするにはまず、出しておかないといけない。こがずに前へ。脚ムチ使って。

やっぱり馬場レッスンはためになります。そしてアスランのお手入れ。至福のひと時でした♪

ガーちゃんといい、アスランといい、敏感でサクサク行く子の方が乗りやすいなあ~。脚が効きにくかったり、動きが大きい子は身体がぶれて、力の入れすぎて硬くなったりで、うまくいかないことが多い。今日は全体に楽しくラクに乗れました。満足です

| | コメント (2)

より以前の記事一覧